バラシクロビルによるヘルペス治療

ヘルペスは、ヘルペスウィルスの感染が原因で水ぶくれができてしまう病気です。
ヘルペスウイルスの感染によって引き起こされる疾患には、帯状疱疹や単純疱疹、性器ヘルペス、口唇ヘルペス、水疱瘡などがあります。
水ぶくれや皮膚の赤化を起こすだけでなく、神経痛のようなピリピリとした痛みも生じる不快な病気です。
ウィルスが原因で発症する病気ですので、抗生物質は全く効きません。
原因となっているヘルペスウィルスの増殖を確実に抑える効果のある抗ウイルス薬を服用が、一般的なヘルペス治療法です。

 バラシクロビルは、ヘルペス治療に非常に高い効果のある抗ウイルス薬として名を知られています。
体に発疹ができますので、塗り薬による治療をイメージする人が多いですが、バラシクロビルは内服薬です。
このバラシクロビルには、ヘルペスウイルスに感染した細胞内に取り込まれて、ウィルスのDNAの複製を妨害する作用があります。
ウイルスが増殖するためには、そのDNAの複製を活発に行う必要がありますが、その複製を邪魔されてしまうので、数を増やすことができなくなり、最終的には全て死滅してしまうと言われています。

 ただし、全く塗り薬が使用されないというわけではありません。
帯状疱疹や水疱瘡、性器ヘルペスを治療する場合には内服薬としてバラシクロビルを使用するケースが多いですが、口唇ヘルペスの場合であれば、クリーム状の塗り薬で治療するケースの方が多いです。
また、角膜に症状が現れているような場合には、眼専用の軟膏があります。
一方、ヘルペスが重症化して脳炎になってしまうようなケースも稀にあります。
そのような場合には、内服薬による治療では追いつきませんので、抗ウイルス薬の点滴に加えて、痛みを抑えるためのステロイド薬等の投与がなされるケースが多いです。